偏った食生活をリセット?簡単にできるヨーグルト断食

偏った食生活をリセット?簡単にできるヨーグルト断食

胃腸の調子が悪い、便秘気味、お肌の調子が悪いなど、普段からなんとなく「あれ?なんかおかしいな・・・」と思うことはありませんか?
わたしは最近、常に胃もたれや便秘気味だな~と感じていたのですが、流行りの断食の中に“ヨーグルト断食”というのを見つけたのでやってみました。

【断食とは?】
簡単に言うと食べ物を断つことです。
特に、祈願や修行、あるいは病気治療などのために、一定期間食べ物を断つことを言います。
断食の歴史は古く、目的は修行の一環であったり、宗教的な儀式として行われていたというのが昔はむしろメインであったと言えます。
イスラム教では、現代でもラマダーン月における断食が有名です。
最近では健康法として、医療目的として、デトックス、ダイエットという目的とした断食に変化してきています。
しかし、間違った方法で行うと体調を崩したり、命に関わってきてしまうので、自己判断で行うことはよくありません。
専門家の意見を聞いて行うことをおすすめします。

【ヨーグルト断食とは?】
断食と聞くと何も食べず、飲まずの状態を何日も続けるイメージですが、ヨーグルト断食の期間は2日間と短く、最近流行りのプチ断食のひとつです。
内臓を休ませることが目的で水や野菜ジュースのみで行う断食に比べるとヨーグルトを“食べる”という行為によって満足感を感じることができるため、空腹感を抑えることが期待できます。

【ヨーグルト断食のやり方】
ヨーグルト断食は2日間で行います。
初日の3食と2日目の朝昼の食事を、ヨーグルト150g程度と豆乳または野菜ジュース200~400mlにします。
2日目の夜のみ、茶碗1膳分のおかゆと具なしのお味噌汁をとります。
ポイントは空腹を軽減するために、1日1.5~2Lの炭酸水を1回300mlずつ飲むこと。
さらに、断食の前日の夕食とプチ断食あけの日は、脂っこいものは避けて和食中心にします。

ちょうど、体調も良く、2日間の連休があったのでお休みを使って実行してみました。
結果はというと、気になっていた胃のもたれは軽くなり、完全とまでは言えませんが良くなったかな?と言うところです。
今回の結果は私の個人的な体調の変化ですので、必ずしも良い効果があるとは限りません。
興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

Text by ざわちゃん/食育インストラクター

LINEで送る
Pocket