冬野菜で身体を温めよう!

冬野菜で身体を温めよう!

これから寒い季節がやってきます。
夏は冷たいものや水分の取り過ぎ、冷房の当たり過ぎなどで、身体が疲れ切っています。
一気に寒くなると体力がついていかず、体調不良の原因となるのです。
そうならないよう、内臓から身体を温めることが大切です。
今回は身体を温める食材をご紹介します。

【身体を温める野菜とは】
野菜には身体を冷やすものと、温めるものと、どちらでもないものに分けられます。
一般的に身体が暑くなる夏にとれる夏野菜は体を冷やし、身体が冷たくなる冬にとれる冬野菜は体を温めると言われていますが、体で温かい、冷たいと感じるのではなく、野菜の持っている効果の違いで分類されているのです。
地面の下に埋もれているものは、身体を温める性質をもっています。
それらは自分に熱があるので、熱い太陽から逃れようとして地面の下へ深く伸びようとするのです。
この性質から根菜類や芋類が身体を温めると言われていて、しかも根菜類が冬にとれる事から冬野菜が身体を温めるとされているのです。
代表的な野菜としては人参・じゃがいも・玉ねぎ・ごぼうやムチンという成分を多く含む、山芋や里芋など、ネバネバする土の中で育つ野菜も体温を上げる効果があります。
そして、忘れてはならないのが、生姜、ねぎ、唐辛子!
これらも身体を温める食材であることで有名です。

【なぜ冬野菜は身体を温めることができるの?】
野菜に含まれるビタミンCやビタミンEは冷え性に効果があると言われています。
ビタミンEは血行を良くする働きと、体内のホルモン分泌を調節する働きがあります。
また、ビタミンCには、血液の主要な材料となる鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持する働きがあるので、血行が良くなり、温かくなるのです。これら冬の野菜には、粘膜保護や免疫力向上の成分も含まれているので、乾燥する冬には欠かせないと言えるでしょう。

これまでは野菜についてご紹介しましたが、それ以外にもからだを温める効果のある食材はたくさんあります。
色の黒っぽい食材や暖色(赤・黒・黄・橙)の食材も温めるといわれています。
黒豆や小豆、ひじき、また、白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖などのように色の濃いものを選ぶと良いでしょう。
しかしそればかり食べていても、栄養が偏るばかりで身体には良くないです。
なのでほうれん草やトマトなどの夏野菜を食べるときに、根菜などの冬野菜をうまく組み合わせてあげるとなお良いでしょう。
皆さんも冬野菜をたっぷりとって寒い冬を乗り切りましょう!!!

Text by りな/食育インストラクター

関連キーワード:, , ,