美と健康のお酒!?驚きの日本酒パワー!

美と健康のお酒!?驚きの日本酒パワー!

昔から「酒は百薬の長」と言われています。
中でも日本酒は麹を使い自然を生かした醸造技術により造り出された様々な成分を多く含む為、飲むだけでなく美容や健康にも良いお酒です。
日本酒は伝統食品であり、なおかつ健康食品でもある魅力的なお酒です。

【日本酒の美容効果】
●血流促進効果
日本酒は、飲んだ後の体温の上昇が他のアルコール飲料より2度ほど高いのが特徴で、更にその体温を保つ効果があると言われています。
これによって皮膚表面の血液循環が良くなり肌表面の血行が高まるので、肌の新陳代謝が促されて美肌効果が得られます。
その他にも女性に多い悩みである肩こり・偏頭痛の解消や冷え性の予防にも効果的です。

●美白効果
日本酒の原料である米麹に含まれる「麹酸」は、シミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑制する働きがある為、美白効果が期待出来ます。

●もっちり肌を作る
日本酒には肌の角質層の構成要素となるアミノ酸が数多く含まれています。
アミノ酸を摂る事で保湿力がぐっと高まり、もっちりした潤い肌になるというわけです。

●老化防止
麹酸は美白効果だけでなく、細胞の活性化や老化防止にも効果を発揮します。
これは肌に良いだけでなく、育毛にも有効である事が確認されています。
また、日本酒には抗菌作用・抗酸化作用のあるポリフェノールの一種、フェルラ酸が多く含まれておりシワやたるみ、シミなどの色素沈着を抑制する効果があります。

●健康維持
日本酒や酒粕には100種類以上の有効成分が含まれています。
これらの機能成分は血管を詰まりにくくし、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを予防する他、アミノ酸が胃を丈夫にして食欲を増進させる効果もあります。
また、日本酒はお酒の中でも胃に優しく、胃潰瘍を防ぐと言われています。

●リラクゼーション効果
日本酒には他のアルコール飲料よりもアデノシンが多量に含まれており、これが血管収縮を阻止する作用を備えている事が分かっています。
つまり、収縮した血管が拡がり血液が流れやすくなるので、筋肉のこりがほぐれる効果があるのです。
また、日本酒の香りには神経を落ち着かせる作用があるとも言われています。

【飲むだけじゃない!日本酒活用法】
日本酒は匂いがきついし苦手…、ちょっと高そう…なんてイメージを持っている方も多いのではでしょうか??
そんな方にもおすすめなのがこちら☆

●日本酒風呂
芸能人の方も実践されている美容法の1つ☆
これからの寒いシーズン、益々温かいお風呂に浸かりたくなりますよね。
そんな時にコップ2~3杯の日本酒をお湯に混ぜて作る酒風呂はいかがでしょうか??
日本酒成分が肌の保湿効果を高めて、更に美白効果も期待出来ます。
原材料に「米」「米麹」とだけ書かれている純米酒なら何でもOK☆
お湯は少しぬるめの37、38度前後が良いとされています。

●日本酒化粧水
日本酒の美肌効果はすでに広く知られていて、各酒造メーカーからも日本酒成分配合の化粧品が販売されています。
また、日本酒200mlにミネラルウォーター80mlを加えれば手作り化粧水の出来上がり!
2~3週間を目途に使いきるのがベストです。
ただし乾燥肌や敏感肌、アルコールに弱い方は注意が必要です。
日本酒を電子レンジで加熱してアルコールを飛ばしておくのがおすすめです。

●甘酒と麹
体質的にアルコールを受け付けないという人は、甘酒を飲んだり麹を料理に使うのも手です。
麹酸を含んだ食品であれば、日本酒にこだわらなくても美白効果が得られるとのこと。
今日から会社のブレイクタイムには、コーヒーではなく甘酒を飲んでみるのも良いかもしれませんね。

2013年12月、「和食」が無形文化遺産に登録され、それと共に日本酒への注目も高まっています☆
ここ最近、女性に大人気なのがスパークリング日本酒!(名称:発泡性清酒)
その名の通り、スパークリングワインのような日本酒の事で、製法はシャンパンと同様です。
大半の製品が女性向けに開発された商品で、飲みやすくデザインもオシャレな物となっています。
お酒には様々な効果がありますが、飲み過ぎて健康を害してしまっては元も子もありませんよね…。
適量を楽しみ、お酒と上手に付き合っていきましょう☆

Text by ろい/食育インストラクター

関連キーワード:, , ,