簡単!美味しい!余ったおせちのアレンジ法☆

簡単!美味しい!余ったおせちのアレンジ法☆

年に1回の恒例行事で、これを食べなきゃ1年が始まらない…それはおせち!
伊達巻や数の子、紅白なますに黒豆など様々な料理がお重に入っていて、とても豪華ですよね☆
でも元旦には食べきれず、次の日に持ち越すなんて事もしばしば…段々飽きてしまうなんて事はありませんか?
今回は余ったおせちをアレンジして、別の料理として美味しく楽しめる方法をご紹介します!!

【なます】
酸味を活かし、サンラータンや生春巻き、細かく刻んでタルタルソースにするのがおすすめ☆
エスニック料理にも合います。

【数の子】
数の子特有の塩気とプチプチ感が活きるのは、パスタやポテトサラダ。
いつもとひと味違う贅沢な料理に仕上がります。

【栗きんとん】
栗きんとんは甘さを活かし、スイ―ツでアレンジするのはいかがですか??
生クリームを砂糖を加えずに泡立て栗きんとんを加え混ぜ合わせたものをパンに塗ってサンドすれば、きんとんサンドの出来上がり☆
その他にも冷凍のパイシートを使って包めば、簡単にマロンパイが出来ますよ!

【田作り】
カリッとした食感は、かき揚げやチャーハンにするのがおすすめ。
その他にも甘辛い味を活かして、フードプロセッサーで細かくし、ごまやかつお節と一緒にふりかけにすると、ご飯のお供にぴったりです。
ふりかけにすると、お子様も手軽にカルシウムを摂る事が出来ます!

【かまぼこ】
かまぼこ自体にはあまり味がないので、アレンジがききます。
ちくわやはんぺんのように磯辺揚げやチーズを挟んで揚げても良し、卵とじの具材にしても良し。
キムチやガーリックなど味の強いものとの相性も良い万能食材です。

おせち料理は比較的味がしっかりしているものが多いので、調理の際はその料理自体の味を考慮して、上手に足し算・引き算をしていってくださいね☆

Text by ろい/食育インストラクター

関連キーワード:, ,