夏バテにもぴったり!おくらを食べよう☆

夏バテにもぴったり!おくらを食べよう☆

猛暑日が続き、「なんだか食欲がない」「だるい」なんて感じている方も多いのでは?
そんな夏バテ気味の方におすすめ
今が旬の“おくら”をご紹介します。

【歴史】

原産地はアフリカ北東部。
エジプトでは紀元前2世紀には既に栽培されていたと言われています。
原産地や熱帯では多年草で何年も繰り返し実をつけますが、日本では冬越しができない為、一年草です。
日本に伝わったのは幕末の頃。
独特のぬめりと青臭い香りは、当時は好まれませんでしたが、1960年頃から健康野菜として注目され普及し始めました。

【体に嬉しい!おくらのぬめり!】

オクラと言えば、やはりあの独特なぬめりをイメージする方が多いはず!
ぬめりは「ペクチン」と呼ばれる成分によるものです。

●ペクチン
整腸作用があり、腸内環境を整える他、血糖値やLDL(悪玉)コレステロールの上昇を抑える働きがあります。

<ムチンの記述について>
記事初出時、植物由来の粘り物質の総称として「ムチン」の記述をしておりましたが、一部不正確な内容がございました為、削除いたしました。
今後、ムチンについて正確な情報が分かり次第、内容を訂正し、再掲載する予定でおります。


【その他の栄養素も見逃せない!】

おくらは様々なビタミン・ミネラルも含んでいます。
今回はその一部をご紹介します!

●β-カロテン
抗酸化作用があり、脂質異常症や動脈硬化の改善、がんや老化の予防に役立ちます。

●ビタミンB1
新陳代謝を活発にし、疲労回復に効果があります。

●ビタミンC
しみ・そばかすの原因となるメラニン色素の沈着を抑え、細胞同士を結び付けるコラーゲンの生成に役立ちます。
また、抗酸化作用や鉄の吸収促進など様々な働きを持っています。

【おくらは英語で“okra”!】

「“おくら”は和名で英語だと別の言い方をする」とお考えの方も多いはず…!
しかし、実は“おくら”は英語で“okra”というのです…!
英名okraの語源は、ガーナで話されるトウィ語の nkruma (ンクラマ)。
和名では、アメリカネリ陸蓮根(おかれんこん)と呼ばれています。
沖縄県や鹿児島県・伊豆諸島など、全国的に普及する前から食べられていた地域では「ネリ」という日本語で呼ばれていた為、「アメリカから渡米したネリ」でアメリカネリと呼ばれるようになりました。
また、陸蓮根はおくらの切った断面が蓮根に似ている事から、このような名がついたとされています。

朝咲いた花が昼にしぼみ、その数日後にはさやを収穫するという生育の早いおくら
暑さに強いので、比較的簡単に栽培・収穫出来、初心者の方にもおすすめです。
お子様の夏休みの自由研究として、栽培してみるのも良いかもしれませんね!

Text by ろい/食育インストラクター

関連キーワード:, ,