王様の野菜!?モロヘイヤの効能とは?

王様の野菜!?モロヘイヤの効能とは?

モロヘイヤは、トマト・きゅうり・ナスなどと同じ、夏野菜の一種です。
今回は、青菜の少ない夏におすすめの健康野菜“モロヘイヤ”をご紹介します。

【王様もクレオパトラも大好きだった!?】

エジプトで5000年以上前から食べられていたモロヘイヤは、アラビア語で“王様の野菜”という意味の「ムルキーヤ」が語源であると言われています。
かつて、どんな薬も効かない程の重病を患ったエジプト王が、モロヘイヤの葉を刻んで作ったスープを飲み、病気が治ったという言い伝えから「王様の野菜」と呼ばれるようになりました。
また、栄養価や美容効果の高さからクレオパトラも好んで食べていたと言われています。
水分の少ない過酷な地域でも生長するモロヘイヤは、現代のエジプトでは伝統的な家庭料理としてスープにしてよく食べています。
各家庭にはマハラタと呼ばれるモロヘイヤ専門の包丁があるそうですよ!

【栄養の宝庫!】

古くから、滋養力や栄養価の高さが注目されていたモロヘイヤ。
ここでは、注目すべき栄養成分を一部ご紹介します。

  • β-カロテン
    モロヘイヤは、人参やほうれん草よりもはるかに多いβ-カロテンを含んでいます。
    β-カロテンは、体内に入るとビタミAに変化し、皮膚や粘膜の健康維持やがん予防、アンチエイジングに働きます。
  • ビタミンC
    美肌を作るコラーゲンの生成に必要不可欠なビタミン。
    免疫力を高め、風邪を予防し、回復を早めます
  • カルシウム
    骨や歯を丈夫に保つ他、中枢神経を鎮めてイライラ感や過敏症を抑える働きがあり、ストレス緩和に有効です。

【調理のポイント☆】

  • モロヘイヤは、苦みやアクのもとであるシュウ酸を含んでおり、多量に摂取するとカルシウムの吸収を妨げ、結石や骨粗鬆症の原因になる事があります。
    シュウ酸は水溶性なので、茹でたり水にさらす事で大半を取り除く事が出来ます。
  • 茹でたり、炒めたりする事でビタミンCが水に溶けて失われてしまうので、加熱は手早く済ませましょう。

【効果的な食べ合わせ】

モロヘイヤの持つカルシウムの吸収を助けるのが、ビタミンD!
ビタミンDはきのこ類に豊富に含まれており、しめじやじゃこをお浸しに加えて食べれば、骨粗鬆症予防に効果的です。
夏バテ気味の方にもおすすめです!

【モロヘイヤの種・さやにはご注意を!】

モロヘイヤは生命力が強く栽培が比較的簡単なので、家庭菜園で育てている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、その場合は注意が必要です!
モロヘイヤの成熟した種やさやにはストロファンチジンという成分が含まれており、めまいや嘔吐を起こす可能性があるのです。
食品安全委員会では 「一般の店頭で販売されているモロヘイヤは、栽培管理されて若い茎や葉を出荷していますので、商品に有害な成分は含まれていません。」 という発表をしています。
ご家庭で栽培されている方は、種やさやはお召し上がりにならないよう、十分に注意してください

つるつるとした口当たりで食べやすく、栄養価が高いモロヘイヤ☆
夏バテ予防にもぴったりですので、見かけた際は是非手にとってみてはいかがでしょうか?

<ムチンの記述について>
記事初出時、植物由来の粘り物質の総称として「ムチン」の記述をしておりましたが、一部不正確な内容がございました為、削除いたしました。
今後、ムチンについて正確な情報が分かり次第、内容を訂正し、再掲載する予定でおります。

 Text by ろい/食育インストラクター

関連キーワード:, ,