料理で子供の脳を伸ばす!?(新米ママ向け)

〈食育まめ知識〉料理で子供の脳を伸ばす!?(新米ママ向け)

私が料理をしていると、キッチンの前に自分で踏み台を持ってきて私が料理するのをじーっとみています。まだ1歳半ですよ!?そっかぁ、こんな小さい時期から子供は料理することにも興味を持つんだ・・・確かに小さい子供っておままごと好きですよね~。

お兄ちゃんは5歳で、保育園で調理保育の経験もあるため、やる気満々!ぼくにもやらせて~とやってきます。とりあえず、トマト洗って~、お箸用意して~などあまり手間がかからなそうなことをさせています。(本当は包丁を握りたいのに~ごめんねっ!!)

【お母さんと一緒に料理するメリット】
私は急いで子供たちにご飯を食べさせなければ!とせかせか自分で作ってしまいます。(反省)でも本当はもっと子供たちに料理をさせてあげるべきなんですよね。子供が自分で料理すると嫌いな食べ物も食べられるようになるし、出来上がる過程を知ると食への関心も深まっていきます。
それにお母さんと一緒に料理することでコミュニケーション能力や想像力・記憶力などが養われそれが子供の前頭葉を活性化することもわかっています。またお母さんと一緒に楽しい時間を過ごすことは子供の情緒安定にもつながりますよね。

【子供が料理に興味を持った時がチャンス!】
子供が料理に興味を持った時が子供の脳を育てます。その時がチャーンス!でも、その時子供がうまくできなくてもダメだしは禁物。できたことをほめて子供のやる気を伸ばして上げることが大切なんです。そうすると子供はもっともっと料理に集中し、頭をフル回転させ、いろいろと吸収していきます。

子供の脳を伸ばすのはお母さんの導き次第!?休日は時間をたっぷりかけて一緒に料理したいと思います!!!

Text by くまこ/食育インストラクター

関連キーワード:, , ,