「綺麗な髪」を育てる10個の食材!

「綺麗な髪」を育てる10個の食材!

女性にとって髪は、肌と並んで重要なパーツですよね☆
手触りがよく、サラサラとした髪に憧れを抱く方も多いのではないでしょうか??
健康的な髪の毛のためには表面的なケアだけではなく、髪の栄養となる食事が重要になります。

【髪って何から出来ているの?】
髪の約90%以上は「ケラチン」というたんぱく質で出来ています。
このケラチンを構成する元のメチオニンは、必須アミノ酸という体の中で作る事の出来ないアミノ酸です。
つまり食事でたんぱく質をとらないと、髪の原料は不足してしまうという事なのです…!

【良い髪とは?】
水分量・油分量が適度であり、髪と頭皮が清潔に保たれている状態の事です。
いい髪を作る第一条件は、血液を身体のすみずみまで行き届かせ、毛乳頭や毛母細胞に充分な栄養を運ぶ事です。

【美髪に効果的な食材10選☆】

(1)卵
たんぱく質・ビオチンの他に、髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラル、セレニウム・鉄・亜鉛・硫黄が含まれています。
ビオチンとは、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つビタミンB群に分類されるビタミンの一種。欠乏すると、もろく弱い髪になってしまいます。
鉄分は、毛根細胞に酸素を供給する為に必要で、欠乏すると脱毛の原因になります。

(2)鮭
オメガ3脂肪酸・ビタミンD・たんぱく質に富んだ魚です。これらの栄養素は、髪の毛を強く、健康でつやのあるものにします。
オメガ3脂肪酸は頭皮の健康を保つために欠かせないもので、不足すると頭皮が乾燥し、毛髪がくたびれて見えてしまいます。

(3)牡蠣
亜鉛を多く含み、髪質の向上に効果があると言われています。脱毛を防ぐ効果がある他、白髪化を防いだり頭皮の乾燥を予防するという効果も期待出来ます。

(4)豆類
いんげんやレンズ豆・大豆のような豆類はヘアケアにとても重要です。
鉄分・たんぱく質・亜鉛が含まれており、これらが髪の毛の健康を増進します。
また卵同様、髪の毛の成長を促すビオチンも含まれています。

(5)緑黄色野菜
ほうれん草やブロッコリーのような濃い緑の野菜は、皮脂を生み出す良質のビタミンAやCを多く含みます。
人参も、脱毛を防ぐ天然のコンディショナーとなる皮脂の形成を助けるビタミンAを多く含んでいます。

(6)鳥肉
良質なたんぱく質が豊富です。
髪に十分にたんぱく質が与えられないと、弱く崩れやすい髪質になり、さらにひどくなると髪の色が抜けやすくなる場合も…。
また鳥肉は毛髪の健康だけでなく、体全体の健康の為にも必要な鉄分を多く含みます。

(7)乳製品
スキムミルクやヨーグルトのような低脂肪乳製品は、髪の成長に必要なミネラルであるカルシウムを多量に含みます。
またホエーとカゼインという、二種類の高品質なプロテインを含んでいます。

(8)全粒穀物
全粒粉のパンや全粒穀物を加えた食品には髪によい亜鉛や鉄分・ビタミンB群といった栄養素が豊富です。おやつ代わりにもオススメです。

(9)ブルーベリー
アメリカ合衆国農務省は、40種の野菜や果物のなかで最も強い抗酸化力を持つのがブルーベリーであると発表しています。
抗酸化作用の主役は”アントシアニン”(ポリフェノールの一種)。これが髪だけでなく、体全体の老化を防ぎます。

(10)ナッツ類
種類によって含まれる栄養素が異なります。
クルミはオメガ3脂肪酸に富み、ビタミンA同様、天然のコンディショナーとして機能します。
カシューナッツ・アーモンド・ピーカンナッツは亜鉛を多く含み、脱毛を防ぐと言われています。

この他にも皆さんご存知のように、わかめ等の海藻類がビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、強く美しい髪を育てるのに効果的とされています。
いつまでも美しく健康な髪でいる為に、栄養素との関わりについての知識を深め、髪に良い食材をバランス良く積極的に摂りましょう☆

Text by ろい/食育インストラクター

関連キーワード:, ,