珈琲は体に良い??

〈食育まめ知識〉珈琲は体に良い??

皆さんコーヒーはお好きですか?
コーヒー好きにとっては食後や仕事の合間のコーヒーはかかせないですよね!!
あの香ばしい香りもそうですが、なんだかホッとします。私もコーヒーが大好きなので必ず1日に2杯は飲んでいます。

【コーヒーは体に悪い?】
コーヒーって胃に悪そう、身体に悪そう・・・そう思っていたんですが、そんなことはないみたいなんです。
コーヒーには「カフェイン」という成分が含まれていて、眠気冷ましや利尿作用などの効果があるのはよく知られています。
じつはこれだけではなく、他にも色々な体に良い効果が最近の研究でわかっています!!

【コーヒーにはポリフェノールも含まれている!】
例えば、コーヒーには「カフェイン」のほかに色や香り、苦みの元になるといわれている「ポリフェノール」も含まれています。
ポリフェノールはワインに豊富に含まれてるのはご存知かと思いますが、最近はチョコレートのパッケージなど色々なところで目にしますよね。
そのポリフェノールがコーヒーにはなんと、赤ワインと同じくらい含まれています。
最近ではコーヒーを飲むとがんや糖尿病、動脈硬化などの予防に効果があると報告されていて、しかもそれが「ポリフェノール」と大いに関係があるかもしれないと話題になっています。

【そのほかにもこんな効果が!】
さらにコーヒーを飲んだ人の方が飲んでない人よりも集中力、計算力もアップして勉強や仕事がはかどるということや、運動前に飲むと運動能力がアップしてタイムが上がるなどの結果も出ています。
また自律神経の働きも高めるので、体脂肪の燃焼が促進してダイエット効果に期待が寄せられています。
ますますコーヒーが好きになりそうです♪♪
でも飲みすぎはよくないので、ほどほどに楽しみたいですね☆(^^)。

Text by りな/食育インストラクター

関連キーワード:, ,