ゆで卵の黄身を真ん中にする方法

〈食育まめ知識〉黄身を中心に!

ゆで卵を作って半分に切った時に、黄身が端っこに寄ってしまっていて何だか見栄えが悪い…。な~んて事ありませんか?
今回は、本当に簡単な事で黄身が真ん中に来る方法をご紹介します!!

【茹で卵の黄身を真ん中にする方法】
湯に入れて最初の1~2分が勝負!菜箸などで湯の中の卵をクルクルと回します。
回すと殻の中で黄身が常に移動する事により片側だけに寄る事を防ぎ、回している間に周りから白身が固まって黄身が真ん中に固定されるのです!
固定されてしまえば、後はお好みの硬さに茹でていただければOKです♪
私はこの方法を初めて試した時、「こんな簡単な事でレシピ写真のようなキレイなゆで卵ができるなんて~!」と感動してしまいました!

ちなみにゆで卵の茹で加減の目安は、

半熟→沸騰してから3~4分
しっとり→7~8分
しっかり(ややパサパサ)→11~12分
です♪

簡単なことですがひと手間かける事によっていつもより見栄え良く!
お料理するときには大切な事ですね~(*^v^*)

Text by ふーみん/食育インストラクター

関連キーワード:, ,