美白に近づく優秀食材とは??

美白に近づく優秀食材とは??

【美白とは逆効果な食材ソラレンとは?】
野菜やフルーツを摂れば美白に近づくと言われがちですが、野菜やフルーツの中にも大量に摂りすぎてしまうと逆効果になってしまうものがあるのです。
それは「ソラレン」という光毒性を持つ物質が含まれているものです。
レモン・ライム・イチジク・きゅうり・パセリ・しそなどがその物質をもっており、これらを大量に食べてから日の光を浴びるとしみが出来やすくなると言われています。
では、かといってまったく食べない方が良いかというとそうではなくて、出来るだけ夜に摂取するのが安心です。

【美白に効果的な食材を知ろう】
美白になる為には化粧品など外からのケアも大切ですが、口から摂取することで身体の中からケアすることも大切です。
(1)ビタミンCの多い食材
ビタミンCはメラニンを作らせない効果があり、シミを予防することが出来ます。
いちご・ピーマン・じゃがいも・お茶などに大量に含まれています。
(2)ビタミンEの多い食材
ビタミンEは血行を良くして肌の新陳代謝を促すので、日焼けをした後肌を回復させる効果があります。
鰯・ほうれん草・アボカド・アーモンドなどに含まれます。
(3)ビタミンAの多い食材
ビタミンAはレチノールという物質があり、皮膚や目・粘膜などの保護効果があります。レバー・海苔・人参などがビタミンAの多い食材です。

その他に、トマトに含まれるリコピンなどを積極的に摂ると良いとされています。
リコピンはメラニンを抑える効果があるので美白には最適です。
リコピンは、油と一緒に熱を加えると吸収率がアップするので加熱調理するのにも向いています。

ただし、美肌に良いからといって、ここでご紹介した食材ばかり摂取してしまうと、偏りが出てきたり、逆効果になってしまう可能性もあるので、色々な食材を組み合わせて取るのが一番効果的なのです。

美白に近づくために、バランスの良い食事をこころがけ、身体の内側から美白を目指しましょう!!

Text by りな/食育インストラクター

関連キーワード:, ,