ぶりの照焼き 〈調理時間25分〉

buriteri_top_1260px

point_icon_1_2
ぶりには、青背魚に豊富といわれるDHAやEPAが含まれており、高血圧や脳卒中といった生活習慣病予防が期待できます。また、血合いにはタウリンも豊富に含まれており、疲労回復や肝臓の機能を向上させる働きがあります。

材料(4人分)
調理時間:25分

ぶり(切り身)…4切れ(520g)
塩………………小さじ2/3
酒………………大さじ1
片栗粉…………大さじ2
■A
├ しょうゆ………大さじ3
├ 酒………………大さじ3
├ みりん…………大さじ3
└ 砂糖……………大さじ1
サラダ油………大さじ1
しし唐辛子……8本(30g)
塩………………小さじ1/8


1.ぶりは塩・酒を振り5分程おく。しし唐は竹串等で数カ所に穴を開ける。

酒を振りかけることで、魚の臭みをおさえる事が出来ます。

2.(1)のぶりはペーパータオルで水気を拭き取り、片栗粉を薄くつける。
buri_process_1

3. フライパンにサラダ油を熱し、(2)のぶりを両面焼き色がつくまで焼く。

4.フライパンに残った油を拭き取り、合わせたAを加えて照りが出るまで煮絡める。
buriteri_process_2_3_1260px
ぶりを焼いた油が残っていると臭みの原因となるので、しっかりと拭き取りましょう。

5.しし唐辛子は熱したフライパンで焼き色がつくまで焼き、熱いうちに塩を振る。

6.器にぶりを盛り付け、しし唐辛子を添える。
buriteri_finish


eiyo_icon_0_2
・エネルギー:441kcal
・たんぱく質:29.1g
・脂質:25.9g
・炭水化物:14.4g
・塩分:2.6g

※エネルギー表示は『五訂増補日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

 

関連キーワード:, ,